研修・セミナー情報

「男性育休取得促進セミナー」(無料)

男性育休取得率を上げたい、取得期間を伸ばしたい、管理職や周囲の理解と業務調整を何とかしたい、
そんな企業様へ、人材戦略としての男性育休取得促進についてご案内します。

セミナー日時 2024-06-11 10:00
講師名 一之瀬 幸生
講師情報

株式会社ワーク・ライフバランス認定上級コンサルタント / NPO法人ファザーリング・ジャパン講師

2017年より職場の男性育休取得促進を支援。2015年、2020年の2度、育休取得。 【研修等】東急不動産、テルモ、朝日生命保険、ロート製薬、国際協力銀行、東邦亜鉛、コナミデジタルエンタテイメント、日本生活協同組合連合会、東京都働き方改革促進事業、その他、保険業、通信業、新聞社、製造業、労働組合、自治体など

内容

20224月より育児・介護休業法が改正されていますが、男性育休推進は容易なことではなく、どの企業様も何かしらの悩みを抱えています。

例えば、

取得率は上がってきたが男性育休について理解が進んでいない管理職がいる

「数日だけの育休取得など本来の育児休業の役割を果たしていない」

「周囲に配慮して育休を取得できていない部署がある」

「育休取得中の業務負荷により周囲(上司や同僚)疲弊している」など

 

本セミナーでは、お互い様の気持ちで男性育休を取得しやすい職場作りに向けて

・人材戦略としての男性育休取得促進のポイント

・男性育休の理解を進める対象者別の研修プログラム例

・育休取得者が出た職場の業務調整や人員調整のヒント 

などをご案内します。

 また、本セミナーは参加者による意見交換のお時間も設けています。他社さんはどんな状況?こんな施策を検討しているけれどどう思う?など率直に意見交換して頂き、お互いにヒントをお持ち帰り頂けますと幸いです。

 

自社にあった施策のヒントを得たいご担当者、男性育休を取得しやすい職場作りを進め、育休取得率、育休取得期間を伸ばしていいきたいご担当者はぜひご参加ください。

   

――― 過去の参加者の声 ―――

  ・漠然と男性育児休業を促進しなければと思っていましたが、細かなステップまで明確になり、今後の対応すべきことが明確化しました。

 ・育休取得を推進するために必要な課題や方法が整理されており、わかりやすかったです。

 ・講師の実体験を元にした資料と説明がとてもわかりやすいかつ面白く印象に残っております。また、そのほかの説明や資料も、とてもわかりやすく良いセミナーに参加できたと思っております。

 ・産後の女性の身体の変化については、男性も女性も知っておく必要があると思いました。これを知ったら、みんな絶対に育休を最低1か月は取りたくなるのではないでしょうか。 

 ・受講主体のセミナーだと思って参加いたしましたが、他社の方と意見交換ができてとても有意義な時間でした。他業種の方ばかりでしたが、どの業種でも育休取得にとても熱心に取り組まれていることを再認識いたしました。

・育児休業について、女性だけの問題ではなく、男性から発信してもらえることが重要でとても良かったです。

 

セミナープログラム

1.男性育休取得促進3つのポイント

2.男性育休を取得しやすい職場づくりの課題の確認

3.社内へ「男性育休を取得しやすい空気」を浸透していくために

  (男性育休推進施策、研修内容のご紹介など)

4.参加者意見交換・質問タイム

 

セミナー概要

日にち:2024年6月11日(木)10:0012:00 

対 象:人事担当者、ダイバーシティ推進担当者など

定 員:12名(12名まで)

方 法:zoomミーティング

*本セミナーでは就業規則の作成例などは扱っておりませんのでご了承ください。

*同業他社様のご参加はご遠慮ください。

 申込締切:2024年6月10日(月)12:00

 

 

  ――― 男性育休eラーニング研修のご案内 ―――

『ワーク・ライフバランスeまなび』

eラーニング研修なら、必要な方が、必要な時に、何度でも受講頂けます。

管理職向け/一般従業員向け/育休取得対象者(プレパパ)向け/両親講座の4コースをご用意

必要な社員、全員へ男性育休の理解を進めることができます。

『ワーク・ライフバランスeまなび』はこちら

 

――― セントワークスの男性育休推進支援サービス ―――

セントワークス 男性育休推進支援サービスページ

費用 無料
支払方法
お申し込み締め切り 2024-06-10
会場 オンライン(Zoom)にて
アクセス