働き方改革 残業削減&生産性向上コンサルティング 自社でも成果を出したノウハウ WLB社加盟コンサルタント働き方改革 残業削減&生産性向上コンサルティング 自社でも成果を出したノウハウ WLB社加盟コンサルタント

働き方改革とは

働き方改革とは?

国は「働き方改革」を重要な成長戦略として掲げています。 働き方改革の目的は大きく2つ考えられます。
1つは日本の経済成長、もう一つは国民一人一人が社会の中で活躍しつつ、仕事も私生活もどちらも大切にしながら豊かな人生を送ること。
首相官邸ホームページには
「働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。」と記載されています。

働き方改革とは、企業の持続的成長という側面で考えると、「労働生産性を上げること」と「優秀な人材確保(定着と採用)」を進めることです。
経営層や管理部門の皆様からすると、それは以前から取り組んでいることと感じるかもしれません。

ではなぜ今、「働き方改革」としてうたわれているのでしょうか。
それは、戦後の日本~高度経済成長期~バブル崩壊~現在まで様々な社会環境が変化している中、日本人は働き方があまり変わっておらず、働き方を変えていくことが国や企業の成長に欠かせないと考えているからではないでしょうか。

例えば、仕事が終わった時間が帰る時間。売上・利益を伸ばすには時間をかける。過去のやり方に新しい仕事を積み重ねて仕事がどんどん増えていく。取引先やお客様の言うことは絶対。皆が同じ時間や同じ場所で。男性が大黒柱で女性は家庭を守れる範囲で働くというような性別役割分担を前提とした働き方。仕事のためには自分の人生や家庭を犠牲にすることは仕方がないという働き方。他にもあるかもしれません。全ての職場の全ての方が当てはまるわけではありませんが、日本は全体としてこのような傾向があるのではないでしょうか。

このような今までの働き方を社会環境の変化に合わせて進化させ、生産性を向上と、誰もが働きがいと働きやすさを感じながら活躍できる職場作りを進めることが企業の働き方改革と考えられます。

従業員の視点で働き方改革考えると、私生活の時間も確保することで家庭、趣味、地域活動、自己研鑽、バカンスなどにより心身の健康や人間的成長に繋がり、また時間や場所を柔軟に考えながら自分にあった働き方で限られた時間で仕事の成果を出していく。結果、豊かで充実した人生を送ることができる。もちろんすぐに成果につながるわけではないかもしれませんが、意識や働き方を変えることでそのような好循環を生み出していくことが働き方改革と言えるのではないでしょうか。

大きくまとめましたが、企業によって、個人によって、働き方改革の目指す様子や取り組み内容は異なってくると思います。
御社にとっての働き方改革とは?あなたにとっての働き方改革とは?を考えることが、働き方改革の第一歩です。